カテゴリ:セラピストの解剖学



カラダを感じるためのヨガ解剖学
カラダを操作の対象としてみるのではなく、その叡智に耳を傾けるための解剖学…とてもマイナーですが、十数年前から大切に伝えています。

多様性と調和
多様性と調和を大切にする東洋的な思想 個の輝きや頑張ることを大切にする西洋的な思想 その両者の行き来、止揚が必要なのだというのが、カラダのことや畑やファシリテーションの実践からまなんだことです。

カラダと向き合うには2つの指針が必要
息づき、変化するカラダと向き合う時に大切なのは「科学」と「対話」の両方を尊重することが大切。

現地の人に道をたずねる~解剖学とカラダとの対話
ガイドブックを100回読んだ人より、現地のことは現地の人の方がよく知ってますよね。カラダの理解も同じです。

呼吸と横隔膜の動画リンク
呼吸と横隔膜の動きを理解するための動画のリンクです

腕を挙げる時の基本の動画リンク
腕を挙げる際の基本の動画リンクです。

カラダと呼応するための解剖学
カラダと呼応する、それはコンサートのコール&レスポンスとよく似ています。

解剖学はカラダ語だ!
イタリア人と仲良くなりたいから、イタリア語を学ぶように カラダと仲良くなるために、僕たちはカラダ語を学びます。 「カラダ語?」それが解剖学です!

高齢者の転倒やスポーツで怪我をしないために何が必要?
高齢者の転倒やスポーツで怪我をしないために何が必要なのでしょうか?

からだにまなぶ・からだでまなぶ
からだの知恵に耳を傾けるために、僕の解剖学講座があります。

さらに表示する