ほんとにヨガに解剖学は必要なの?
ヨガ解剖学って「カラダの仕組みを理解し、安全にヨガを深めるためにある」と考えられています。 でも、ほんとに必要なのかな?

「なんかいいかんじ」でいいんだよ!
・なぜこの絵は素晴らしいの? ・なぜこのカフェは心安らぐの? 「なぜ?」に対して、科学的根拠をもって答えられない世界ってたくさんありますよね。   東洋医学の大切にしているのは、そのような感覚です。

のみ友通信 第117号「ブリコラージュ」
たくさんの講座アーカイブの山に「はぁ~」とため息ついているあなたへ 🤫 

のみ友通信 116号「魔法のツボ」
東洋医学の真の価値は「○○すれば ⇒ ○○が治る」という機械操作マニュアルのような方法と真逆の所にあります。

のみ友通信 115号「ゆらがないもの」
東洋医学の根っこにあるものは「全ては移ろいゆらぐ」という哲学です。僕にはそれが波乗りと同じ感覚なんです。

カラダは知っている!
カラダは僕たちの知識以上のことを知っています。 それはただのファンタージーではなく、ポラニーの「暗黙知」・ベイトソンの「精神」・複雑系の「創発」など、様々な分野の学者たちが指摘していることです。

のみ友通信 第114号 ~ 東洋医学Neo
僕たちの人生には 胸膨らませる「陽」の局面と 地に足つけ肚を据える「陰」の局面 その両方のプロセスが不可欠です。

のみ友通信 113号「心はどこにあるの?」
「心ってどこにあるの?」 実は、この問いに対しまだ科学は答えを出せていません。)もちろん脳は大きく関与しています。 でも、それだけではないのです。 じゃぁいったい心はどこに?

セルフケアのための東洋医学
私(EGO) のライフスタイル(食事・運動・心・身体・生き方)を  ⇒ 自然(ECO)に チューニングすることが東洋医学の目的。チューニングがズレているのが不調、同期している時が「なんかいい感じ」です。

ちいさな自給をはじめよう!
講座のご案内 · 2022/04/05
5月から、自然農と東洋医学で「ちいさな自給」を始めませんか?

さらに表示する