のみ友通信 第136号「慢性腰痛特集」
慢性腰痛の改善について、最新のエビデンスと共に、対処法をお伝えします。

TYGさんRYT200 解剖学の入り口を担当します!
講座のご案内 · 2024/05/31
僕はクリパルヨガティーチャーなので、クリパルのプログラムが一番好きなのですが 7月1日からスタートする、TYGさんのRYT200のプログラムは、ヨガだけでなく、フィットネス・ソマティクス・ボディワークと、業界の垣根を越えて学べるのが興味深い所だと思ってます。 タコツボ化しがちな視野をぐぐ~っと広げてくれるのって、この時代だからこそ余計に大切!...

20年ぶりにTYGのちゃまさんとお仕事ご一緒します!
講座のご案内 · 2024/05/31
20年ぶりに TYGのちゃまさんとお仕事でご一緒します! 僕が生まれて初めて解剖学のWSを行ったのが2005年のこと。伊豆にお住いの 松本 くら さんに声をかけて頂いたのがそのスタートでした。 当時の僕は独立してリトリートを運営していたものの、うまく行かず路頭に迷っている頃でした。 その時参加してくれていたのが ちゃまさん。 ▼ その時の様子

のみ友通信 135号「ひとはなぜ戦争をするのか」
アインシュタインとフロイト、という20世紀を代表する2人の巨頭が 戦争について、人間の奥底にあるものについて意見を交わした本です。

講座のご案内 · 2024/04/01
レヴィ=ストロースの「神話と意味」の読書会をオンラインで行います。

「ときめき」「なんかいい感じ」って、どれもワタシの内側で起こる、閉じた感覚に思われがちですが そうじゃなくて、内側だけで起こるものでも、外側からの誘因だけでもなく   受動的でも、能動的でもない、中動的であり、内と外が「同期」して生まれる!というおはなし。

「ときめくか?ときめかないか?」 こんまりメソッドで有名な「近藤麻理恵さんのお片づけ」ご存知の方も多いと思います。 では「ときめき」っていったい 何なのでしょう?(うむ?)


國分功一郎さんの「はじめてのスピノザ」では、デカルトとの対比によりその思想がわかりやすく書かれています。

IZU-YOGA · 2024/03/13
3年ぶりに復活した izu-yoga. GWは特別プログラムの半日リトリート企画です!(おお~っ)

さらに表示する