はじめての方へ

僕が解剖学や東洋医学をお伝えするワケ

たくさんの中から、このサイトを訪れて下さり、ありがとうございます!

 

  • ヨガやセラピーを深めたい
  • 自信を持ってカラダと向き合いたい
  • 誰かや自分を健やかにしたい

 

きっとそんな思いで、ここに辿り着かれたのだと思います。

 

・・・

 

そんなあなたにぜひ最初にお伝えしたいのは

  

解剖学や東洋医学は、必ず助けになる!

 

というゆるぎない確信です。 

 

「何を大げさな!」と思う方もいるでしょう。でも僕がそう言い切れるのには訳があります。

 

 

なぜなら・・・僕自身が自らの病気を機に

そのことを誰よりも実感しているからなんです。

 

(続く)

 

● 野見山文宏 ⇒ プロフィール 

● 病気から伊豆に移住するまで ⇒ ⇒ コラム(ブログ)


カラダと仲良くするって?

サラリーマンとして忙しく働いていた頃。

 

「カラダと仲良くする」

 

なんて考えもしませんでした。

意味もわかりませんでした。

 

そんな余裕もないほど、山積みの仕事や、出世競争や、日々のあれこれにしか目が向いてなかった、というのがホントの所です。




そんな時、突然の病気で立てなくなり

全てをリセットすることになったんです。

 

仕事も肩書も家も・・・。

 

白紙の状態で、いろんなことを振り返り、気づかされたのは

 

これまで自分の都合だけで突っ走ってきたけど、一番身近な仲間である「カラダの言い分に、何ひとつ耳を傾けていなかった!」ということ。




人生が大きく変わったのはそこからでした!

 

カラダは意のままにコントロールすべき、やっかいな存在ではなく「共に人生を旅する大切なパートナー」なのだと。

 

その後転進し、解剖学や東洋医学を学ぶにつれ、カラダのきもちが、わかるようになってきたんです。(← えっ?)

 

もちろん、カラダが話す訳ではありません(笑)

 

「痛いのかな?」とか「緊張してるのかな?」

とか、そういうきもち。


楽しさを伝えたい!

 

興味はどんどん増し、ホリスティックな治療や、野菜を自給するような暮らしを目指し、夫婦で伊豆に移住しました。

 

そんなたくさんの過程や

解剖学や東洋医学のおかけで

 

カラダを深く知り

言い分に耳を傾け

通じ合う楽しさを知ったんです。

 

それはそれは楽しいことでした!

 

だからこそ、いま僕はそんなことを

カラダを通じて伝えたいと思っています。

 

昔の自分のような人に向けて。 



あなたをノックするもの

最後にもう一つ。

 

病気や不調って、渦中にいる時は、ただただ、早く何とかしたい迷惑な存在でしかないけど

 

「もし、あの時病気にならなかったら・・・」

 

と振り返ると、病気は人生の中でほんとに大切なメッセージを伝えてくれたように思います。

 

敬愛する A・ミンデルは「あなたが物事を選んだように思っているかもしれないが、物事の方があなたをノックしているのだ」と表現します。

  

⇒ アーノルド・ミンデルについて


Body curiosityの意味

 

大切なことは、それが科学的に正しいかどうか?ではなく

 

「もしそうだとしたら?」と考えた時

 

人生で起こる、様々な出会いや、出来事の意味が大きく変わってくるように思います。

 

このHPのタイトル「Body Curiosity 」も

 

ミンデルの考えから

 

僕たちがカラダに好奇心=Curiosityを感じるのは「カラダもあなたに好奇心を持ってるから」という意味です。

 

病気や不調というノックを通じて「あなたに気づかれるのを待ってるのかも!」と。

 

同じように、今回ここに辿り着いたみなさんも、このページがノックしたのかもしれませんね!