草を敵としない

この季節、畑では草の勢いが強く、ちょっと気を抜くと草ボウボウになります…ヤレヤレ(笑)

その草を、やっかい者扱いするのではなく「どうしたら味方につけられるだろう?」と考えるのが、自然農のやりかたです。

 

・・・

 

それが先日書いた「草マルチ」

 

伸びてきた草の地上部分を刈り、それを野菜の根元に置くだけ。すると、その草が土を保湿し、泥ハネをによる病気を防ぎ、隠れ家が出来ることでミミズが増え、土を耕し、やがてその草は分解され土を肥やします。

 

・・・

 

草と闘うのではなく、180度方向を変えて味方にしちゃうようなこと。それは場のファシリテーションや、東洋医学でも全く同じなんです。

 

トラブルメーカー、苦手なこと、禍、病気・・・そんなもろもろを排除するのではなく、少し調理したり、見方変えたり、方向を変えたりすることで、味方につけちゃう・・・なかなか難しいけど面白いです。

 

⇒ 東洋医学入門オンライン講座

 

・・・

 

画像はオオイヌノフグリによって、囲まれたニンニク。

ハコベやオオイヌノフグリのような、野菜を覆いつくすまでにならない優しい草は、そのまま共存させます。この畑は風が強いので、風で倒されるのを草が守ってくれるのです。

 

必要な介入はするけど、必要のない介入ならば出来るだけ省くのも自然農の流儀です。