自然農・東洋医学・ファシリテーション

この3つ、まるで違うように見えますが「できるだけ自然のチカラを借りるために微調整する」という、あり方が同じなんです。

 

例えば、ヨットで風のチカラを得るために、帆の向きを微調整するようなこと。

 

・・・

 

その真逆が、風なんて関係なしにエンジンぶっ飛ばして進むようなあり方です。

野菜作りでいえば、虫の増える夏場にキャベツを作ろうとして「虫に食べられるから農薬バンバン使うしかないぞ」みたいな強引な手法になります。

 

虫が少なくなる秋冬なら農薬なしにスムースに野菜を育てらるのにね。

 

・・・

 

それは場のファシリテーションも同じで、場をよく観察して場のチカラを借りると、ファシリテータ自身も肩のチカラが抜けて楽チンになります。

 

東洋医学も季節や、様々な状況をよく観察して、その力を活かすことをとても大切にしています。

⇒ 東洋医学入門オンライン講座

 

画像はかぼちゃ。かぼちゃの周りで麦を育てると風よけ&ウリハムシ除けになります。その後麦を借り倒して草マルチにします。