自然でいられる人 ~ 東洋医学の治療者

狛犬の「あ・うん」に象徴される陰陽の2極。

 

その狭間をゆらぎながら行き来すること。

巡ることが、東洋医学の考える自然です。

 

その自然のリズムに同期することが

東洋医学の考える健やかさです。

 

波のように、風のそよぎのように

季節の巡りのように、しなやかに

 

淡々と、吸ったり・吐いたり

頑張ったり・緩んだり

拡がったり・縮んだり・・・AUM。

 

・・・

 

自然の中に身を置いたり

自然な人の傍にいると

呼吸が穏やかになるのも同期といえるでしょう。

 

その意味で、東洋医学の治療者とは

その人といると、ただただ自然でいられる

「自然な人」なのだと思います。

 

何よりもそこが難しいですよね…でも、だからこそ面白い!

 

 

 

⇒ 東洋医学入門オンライン講座