のみ友通信 106号「ものがたりとしての東洋医学」2021・9・10

■□■━━━━━━━━━━━━━■□

 

★ のみ友通信 第106号 ★

 

…………………………………

 

2021/9/10

 

■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

 

それをいつ読んだのか、誰の本だったか

どうしても思出せないのですが

 

「神話や物語はどうして生まれたの?」

 

という問いに対して

こんなことが書かれた本を読みました。

 

------------------------------

------------------------------

 

 

それは天変地異とか病とか死とか・・・

 

昔の人たちは、生きている中で

どうしてもやりきれない

出来事に出会ったとき

 

それでも何とか生きていくために

そこに何らかの意味を見出すことで

折り合いをつけようとのです。

 

-----------------------------

 

~ どうして人は死んじゃうの?

~ なぜ戦はなくならないの?

~ 人は死んだらどうなるの?

 

決して答えの出ない問いだけど

そこに何らかの意味を求めたいのです。

 

生きるよすがとして。

 

神話や物語は、そんな中で生まれました。

 

-----------------------------

-----------------------------

 

「そこに意味を見出すための物語」

 

僕は、その話にふれた時

深く心を揺さぶられました。

 

それは現代を生きる僕たちにこそ

大切なことではないかと!

 

-----------------------------

 

僕たちは現代科学のおかげで

冷静に事実を知ることが出来ます。

 

「心臓や呼吸が止まると人は死ぬのです」

 

確かに正しい。

 

でも、それでは折り合いのつかない

どうにもやりきれないものがある。

 

だからこそ、そこに何らかの

意味を見出したいのです。

 

意味などないのかも知れません。

でもそんなことはどうでもいいのです。

 

それが正しいとか間違いではなく

「うんうん、そうだよね、そうなんだよね!」

 

と、深い部分の隙間を癒し、前を向くための物語。

 

-----------------------------

 

東洋医学とは、そんな神話の中から

生まれたものです。

 

※黄帝・神農という神様からの教えが

もっとも古い古典とされています

 

-----------------------------

 

だとするなら、東洋医学の本来の役割は

 

現代医学の担う

 

科学的に正しい手法で

痛みを消す・症状を取り払うという

心身表面で起きる事への対応ではなく

 

(もちろんそれも大切だけど)

 

その手法では届かない世界を癒すこと。

 

もう一段奥底にある何かを埋める役割を

しっかり担うべきじゃないのか?

 

 

今日はそんなおはなし。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・ のみ’s Bar「アップデートする仏教」

 

・ 東洋医学オンライン/10月開講受付開始

 

・ 解剖学オンライン/10月開講受付開始

 

・  のみやま出没情報

 

・  編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● のみ’s Bar

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

僕が影響を受けた本の紹介コーナー。

 

今回は長らく読まず嫌いだった(笑)

藤田一照さんと、山下良道さんの

「アップデートする仏教」のご紹介です。

 

-----------------------------

 

まぁ、ラディカルな本です。

でも、ロジカルで冷静な本でもあります。

 

「日本の仏教ってホントに役立ってんの?」

「伝えている人たちがホントに信じてるの?」

 

って、仏教界相手に喧嘩売ってるんですから!

 

でも強く共感しました。

 

-----------------------------

 

仏教に限らず、宗教というのは

生きている中でホントに困った時

藁をもすがりたい時

助けになってくれるもののはずです。

 

でも現代の日本の仏教は

ホントに助けになってるか?というと

残念ながら多くはNOだなぁと思います。

 

(そうでないのもあるだろうけど)

 

-----------------------------

 

僕は母が亡くなった時の

お葬式のことを今でも覚えています。

 

それはあまりにも突然の死で

深い悲しみの中のお葬式でした。

 

そこでお坊さんが話をしてくれるんです。

 

でもまるで心に響かない・・・。

 

目の前の僕たちに、まるで関係のない

「日々感謝して生きましょう!」的な話を

延々と、上から目線でしていて

ブチ切れそうになったのを思い出します。

 

-----------------------------

 

これ仏教界だけでなく

政治や医療や教育や一般企業を含め

みんな同じなんだろうなと思います。

 

組織というのは長く歴史を重ねると

何かが滞っちゃう。

 

東洋医学も全く同じ構造だなぁと

強く思いました。

 

-----------------------------

 

でも今、仏教界では

いろんな方が改革しようと

動きだしているのも感じます。

 

東洋医学の世界も変化を起こさなくちゃ!

 

▼ アマゾンリンク

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● 東洋医学入門オンライン 10/6 スタート!

 

(録画視聴可 × 体感型 × 水曜夜)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

どなたでも参加出来る

初心者向けの入門講座です。

 

現代医学は感染症や外科手術の分野で

数多くの恩恵をもたらしてくれました。

 

しかし慢性症状やメンタルと相関し合う

全人的な対応は、どうも不得意なのです。

 

そこに東洋医学の役割があると思っています。

 

-----------------------------

 

全く違った視点からカラダを眺めた時

何が見えてくるのか?

 

一緒に学べるのを楽しみにしています♪

 

※毎回早めに定員になります。

気になった方はお早めにお申込み下さい!

 

▼サンプル動画

 

東洋医学はぺこぱっぽい(50秒)

 

▼ 詳細・お申込みはこちら

 

東洋医学入門オンライン講座

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● 解剖学オンライン講座 10/14 スタート!

 

(録画視聴可 × 体感型 × 木曜夜 )

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ヨガやセラピーを深めるうえで

知っておきたい「カラダの地図」を

カラダで体験しながら学びます。

 

2005年以来、のべ1万人が参加した

解剖学講座のベストセラーです!

 

録画があるので来れない日も安心。

 

僕の一丁目一番地として

自信を持ってお勧め出来る講座です。

劇団四季のライオンキング的なやつ(笑)

 

ぜひチェックしてみて下さい。

 

----------------------------

▼ サンプル動画1

 

広背筋が緊張すると?(3分30秒)

 

 

▼ サンプル画像2

 

自然に深い呼吸が出来るカラダ(4分30秒)

 

 

▼ 詳細・お申込みはこちら

 

セラピスト・ヨガの解剖学オンライン講座

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● のみやま出没情報

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

※印のものはまだ募集していません

 

2021年

 

【 10月 】

 

6(水)~ 東洋医学オンライン

 

14(木)~ 解剖学オンライン 

 

【11月】

 

2・16(火)東洋医学アドバンス

4・18(木)東洋医学アドバンス

 

▼ 詳細・スケジュール

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 編集後記

---------------------------------------

 

11月に開催する「東洋医学アドバンス」は

 

まさに、そんな東洋医学に

新しい風を吹き込もうと

鼻息荒く企画したものです(笑)

 

----------------------------

 

告知文に「なぜこの講座なのか?」を

書いていたら長くなり過ぎました。

 

きっと誰も読まないだろうけど(笑)

 

東洋医学アドバンス案内文

 

 

コンステレーションを読むこと。

 

その症状に何らかの意味を見出すこと。

 

----------------------------

 

そんなことを通じて

症状の一段奥にある何かに働きかけ

変容を促すのが東洋医学の役割だと思っています。

 

 

これまでのバックナンバーはこちらです

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■本メールに関するお問い合わせ先

-----------------------------------

Unplug-lab Japan 野見山 文宏&雅江

 

公式HP

http://kaibougaku.com/

 

楽天ブログ

 

-----------------------------------