のみ友通信 105号「ネガティブケイパビリティ」2021・8・14

■□■━━━━━━━━━━━━━■□

 

★ のみ友通信 第105号 ★

 

…………………………………

 

2021/8/14

 

■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

 

病気を機にサラリーマンをやめ

全てをリセットし、東洋医学を学ぼうと

淡路島に移り住んだ時のことでした。

 

もう20年以上も前のことです。

 

-----------------------------

 

3年間の学びの後

鍼灸国家資格に合格したものの

 

「この後どうしようか?」

 

と、ぐるぐる迷っていました。

 

独立するにはまだ自信がなかったし

かといって、どこかの治療院に勤めて

サラリーマンに逆戻りするのもつまらない。

 

そもそも淡路島にとどまるのか?

それともどこかに移住するのか?

 

-----------------------------

 

そういうのって無限に選択肢が広がり

一度考え出すとキリがないですよね。

 

「ああ~っ」ってなります(笑)

 

-----------------------------

 

でも「これっ!」という結論も

そう簡単に出ないんものなんです。

 

いろんな人に会いに行ったり

相談してもピンと来なくて

 

夫婦二人で散歩しながら

「ど~なる?」「どうする?」と

大声で歌いながら

気を紛らわせていました(笑)

 

-----------------------------

 

そんな宙ぶらりんのまま、1年が経った頃です。

 

ふと読んだ雑誌の求人広告に

伊豆の療養施設「やすらぎの里」での

治療師と調理担当の募集が載っていたんです。

 

自然の中でのホリスティックな治療

温泉・夫婦二人で勤められる・・・。

 

-----------------------------

 

1年くらい考え続けたいろんな理想が

全て叶えられそうな場所でした!

 

なんか急にチカラが湧いてきて

明るい光に照らされた気持になりました。

 

「これしかない!」と感じた瞬間でした。

 

-----------------------------

-----------------------------

 

答えのない事態に留まり続けるチカラ。

 

「ネガティブケイパビリティ」

 

18世紀の詩人 J・キーツはそれを

人が偉業を成し遂げる時に不可欠であり

シェイクスピアは桁外れであると述べています。

 

-----------------------------

 

宙ぶらりんでスッキリしない時って

誰しもはやく白黒つけたくなりますよね。

 

でも、あえてそのややこしい沼に

とっぷり浸かり、じっと待ってみる。

 

-----------------------------

 

それは口で言うのは簡単だけど

とってもしんどいことです。

(僕もしんどかった…笑)

 

A・ミンデルはそれを

「炎の中に座り続ける」と表現し

 

クリパルヨガでは

「エッジに留まる」といいます。

 

そこで逃げずに居続けることで

何かが変容していくのだと。

 

-----------------------------

 

いま、あらゆるものが二極化し

分断されるこの世界にとって

 

ネガティブケイパビリティ―は

多くの人に必要なチカラだと思います。

 

矛盾を内包し続ける胆力。

 

ではそれはどうすれば得られるのでしょう?

 

今日はそんなおはなし。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・ のみ’s Bar「臨死体験」

 

・ 東洋医学オンライン/10月開講受付開始

 

・ 解剖学オンライン/10月開講受付開始

 

・  のみやま出没情報

 

・  編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● のみ’s Bar

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

僕が影響を受けた本の紹介コーナー。

 

今日は、前回に続き先日亡くなられた

立花隆さんの「臨死体験」のご紹介です。

 

立花さんは科学や哲学、芸術、歴史など

実に広範な分野に精通しておられますが

 

このテーマはそんな立花さんだからこそ

語りうる内容なのだと思います。

 

-----------------------------

 

「命とはなにか?」

「死とはなにか?」

「魂は実在するのか?」

 

誰しもが一度は興味を抱きつつも

直面を避けてきた問いに対し

立花さんの語り口はとても冷静です。

 

興味本位のオカルトに偏るのでもなく

一面的な科学分析に終始するだけでもない

 

事実と妄想を丁寧に切り分けながら

淡々と話を展開するあり方は

とても誠実に感じました。

 

-----------------------------

 

僕自身もこのテーマに対しては

昔から大変興味をもっていますが

 

このような答えのないテーマに向き合う時

大切なのは「それが真実かどうか?」ではなく

「問いを抱え続けること」なのだと思います。

 

ネガティブケイパビリティ―。

 

-----------------------------

 

もしこの生が永遠だと思うのなら

もしこの生が一回キリだと思うのなら

 

「あなたにとって生きる意味とは何か?」

 

そんな問いを深く突き付けてくれる本です。

 

▼ アマゾンリンク

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● 東洋医学入門オンライン 10/6 スタート!

 

(録画視聴可 × 体感型 × 水曜夜)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

どなたでも参加出来る

初心者向けの入門講座です。

 

現代医学は感染症や外科手術の分野で

数多くの恩恵をもたらしてくれました。

 

しかし慢性症状やメンタルと相関し合う

全人的な対応は、どうも不得意なのです。

 

そこに東洋医学の役割があると思っています。

 

-----------------------------

 

全く違った視点からカラダを眺めた時

何が見えてくるのか?

 

一緒に学べるのを楽しみにしています♪

 

※毎回早めに定員になります。

気になった方はお早めにお申込み下さい!

 

▼サンプル動画

 

東洋医学はぺこぱっぽい(50秒)

 

 

▼ 詳細・お申込みはこちら


東洋医学入門オンライン講座

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● 解剖学オンライン講座 10/14 スタート!

 

(録画視聴可 × 体感型 × 木曜夜 )

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ヨガやセラピーを深めるうえで

知っておきたい「カラダの地図」を

カラダで体験しながら学びます。

 

2005年以来、のべ1万人が参加した

解剖学講座のベストセラーです!

 

録画があるので来れない日も安心。

 

僕の一丁目一番地として

自信を持ってお勧め出来る講座です。

劇団四季のライオンキング的なやつ(笑)

 

ぜひチェックしてみて下さい。

 

----------------------------

▼ サンプル動画1

 

広背筋が緊張すると?(3分30秒)

 

 

▼ サンプル画像2

 

自然に深い呼吸が出来るカラダ(4分30秒)

 

 

▼ 詳細・お申込みはこちら


セラピスト・ヨガの解剖学オンライン講座

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● のみやま出没情報

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

※印のものはまだ募集していません

 

2021年

 

【 10月 】

 

6(水)~ 東洋医学オンライン

 

14(木)~ 解剖学オンライン 

 

▼ 詳細・スケジュール

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 編集後記

---------------------------------------

 

ここしばらく、どうにも答えの出ない問いを

抱えながらウンウン唸っていました。

 

そしたら、不思議な夢をみて

「あっ、もう自分の中で答えは出ていたんだ!」

と、思えるような出来事がありました。

 

▼ その時の夢

 

----------------------------

 

で、冒頭の問い

 

ネガティブケイパビリティ―。

 

矛盾を内包し続ける胆力は

どうすれば得られるのか?

 

僕はどのようにして

そこに居続けることが出来たのか?

 

----------------------------

 

一つはヨガや瞑想や武道などの実践です。

 

とはいえ、僕は正直そこまで

熱心に向き合っていたわけではありません。

 

剣道は3歳からやってきたけど

すぐオロオロ動揺する

肝っ玉の、器の小さな人間です(笑)

 

では他に何が?

 

----------------------------

 

それが共に歩んでくれる人の存在です。

 

どんな時も信頼してくれて

共にいてくれる人がいることで

 

僕の器では小さくて抱えられなくても

揺れや迷いを抱えていられる。

 

----------------------------

 

少し照れくさいですが

それは妻だったり

仲間だったりするわけです。

 

次回、そんな仲間「サンガ」の

はなしをしたいと思います。

 

 

▼これまでのバックナンバーはこちらです

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■本メールに関するお問い合わせ先

-----------------------------------

Unplug-lab Japan 野見山 文宏&雅江

 

公式HP

http://kaibougaku.com/

 

楽天ブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/yululi/

 

-----------------------------------