東洋医学と弱さ

僕はタフさに欠けるので、しんどいけど頑張って突き進もうとすると、すぐにブレーカーが落ちるように、バタンキューってなります。

 

でも強さを持ち合わせてないからこそ、タイミングを待ったり、シッポ巻いて逃げたり、力を借りることを、僕は波乗りを通じて学びました。

 

自然のチカラの前に、生身の人間はそんなに強くないものだなぁとつくづく思います。

 

・・・・・

 

それはカラダの症状も同じで、抑え込もうと思ってもなかなかうまく行かない時の方が多いです。

 

だからこそ戦うのではなく、折り合いをつけるような、なんならうまく利用するような(とんちの一休さんみたいな)、そんな症状という自然との関わり方が、東洋医学の面白い所だと思うんです。

 

そんなことに興味のある方は一緒にまなびましょう♪ 

 

⇒ 東洋医学入門オンライン講座