高齢者の転倒やスポーツで怪我をしないために何が必要?

動きの激しいスポーツや高齢者の転倒予防では、アタマで考えて身体をコントロールするより、「転びそうになったときに、無意識的にパッと足が出るカラダのスムースさ」が大切だと考えます。

 

例えるなら突発的な出来事はいちいち本部に相談しないで「できるだけ現場で対応する」というのとよく似ています。

 

具体的には以下の2点が大切だと思います。

 

  1. 脊髄・小脳レベルの反応力を高める。
  2. 腹腔内圧を調整するインナーユニットの働きを活性化する。

 

1.については 徳島大 荒木秀夫教授の紹介された「くねくね体操」が誰でもできる優れた方法だと思います。

 

2.については「スタンフォード式疲れない体」で山田知生さんが紹介されたIAP呼吸が参考になると思います。

 

 

 

解剖学講座ではそんなカラダの仕組みについて、体験しながら学べます!

 

⇒ セラピスト・ヨガの解剖学オンライン講座