ヨガで怪我しないように解剖学を・・・ホントに?

ヨガで怪我しないために一番大切なのは「こんな時ネコならどうするかな?」って、我に返ることだと思うんです。(えっ?)

 

・・・

 

我に返る・・・それは何でもかんでも正解を外に探さないで、意識をもう一度自分に向け、内側の声に耳を傾けることです。

 

ネコは解剖学は知らないけど、痛ければ自分で調整したり、カラダの声を最優先にしますよね。

 

「肩伸ばし過ぎてけがしちゃった」みたいなネコ聞いたことないでしょ?(笑)

 

・・・

 

その意味でヨガで怪我しないために大切なことは

 

① カラダの声の耳を傾け・信じられる練習と環境づくり

② それに基づく微調整とフィードバックの練習

③ 最後にガードレールとしてのちょっとした解剖学

 

の順だと思っています。

 

そんなことに興味のある方一緒に学んでみませんか?

 

 

→ 感じてわかる!セラピスト・ヨガの解剖学オンライン講座